Q 「ジブン専用パソコン」で有害サイトなどのフィルタリングをする方法はありますか?

 「ジブン専用パソコン」で使っているRaspberry Piで、インターネットの有害
ゆうがい
サイトなどのフィルタリングをする方法について紹介します。
インターネット検索
けんさく
に使用する検索サイトや、動画閲覧
えつらん
サイトでフィルタリングをすることができます。

① Webブラウザでの検索結果や動画検索のフィルタリング

Google 
セーフサーチを使用して、Google検索結果から露骨
ろこつ
な表現のコンテンツを除外する

YouTube 
制限付きモードをオンまたはオフにする

② ご家庭でご利用のブロードバンドルーターやDNS設定でフィルターを設定

 ご家庭でご利用しているブロードバンドルーターでフィルタリング機能
きのう
が備わっているもの、フィルタリングサービスを利用できるものがあります。
各メーカー、ルーターの機種ごとに異なりますので、ルーターの説明書をご確認ください。

 また、ルーターなどのDNSで設定できるコンテンツフィルタリングサービスも提供
ていきょう
されています。

 たとえば、Ciscoが提供している「Family Shield」は無料のサービスで、子供に見せたくないようなコンテンツや、悪質なサイトから保護できます。さらに細かく設置したい場合は、「OpenDNS Home」というツールも提供されています。両方とも、下記のサイト(英語サイト)で詳細
しょうさい
をご確認ください。また、この名前で検索をすれば、日本語で解説している記事も見つかります。

OpenDNS
https://www.opendns.com/home-internet-security/

OpenDNSサイト
③ インターネットをご利用の際には、お子様と使い方などをよく話し合うようにしてください。

 フィルタリングの設定をしても、安心はせずにお子様がどのようにインターネットを使うか、気を配っていただければと思います。
以下の記事が参考になりますので、ご一読いただければと思います。

政府広報オンライン
 ネットの危険からお子様を守るために、保護者ができる3つのポイント

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG