Androidでkurikitのビジュアルプログラミングを使う方法

 ここでは、Android のタブレットやスマートフォンでkurikitのビジュアルプログラミングを使う方法を紹介します。

 AndroidのスマホやタブレットではTeachable Machineのトレーニングはできません。しかし、パソコンでトレーニングしたモデルを使うことはできます。その手順を紹介します。

 まずは書籍『あそべる! 通じ合う! てづくりAIロボット』を参考にして、パソコンでTeachable Machineを使ってトレーニングをします。

 その後、アップロードしたモデルのリンクを、Androidでkurikitのビジュアルプログラミングを使ってつくった、ココロキットやココロキット+のプログラムに貼り付けます。

 リンクは文字がたくさん並んでいますので、Gmailなどで自分宛てに送ってコピー&ペーストすると、打ち間違いを防ぐことができます。

このプログラムでは、「音声モデルURL」のブロックに、コピーしたリンクを貼りつける

 ビジュアルプログラミングの右側にあるステージに、「TM2Scratch:音声ラベル」が表示されます。

 これで、AIを使ったプログラムがつくれるようになります。

書籍『あそべる! 通じ合う! てづくりAIロボット』特設サイトに戻る

最新号好評発売中!

子供の科学 2022年 9月号

CTR IMG