「Scratchプログラミングオンラインワークショップ」で、生LIVE中継をしたよ!

 8月23日に開催
かいさい
した「Scratchプログラミングオンラインワークショップ」の「経験者クラス」で、KoKaスクール初のライブ中継
ちゅうけい
をしたよ! 見てくれた子もいるかな?

 このワークショップでは、「ロックシューター」というシューティングゲームのプロトタイプを完成させて、さらに改造していくよ。ライブ中継をしたのは、改造したゲームをお披露目
ひろめ
する発表会だ。

 もともとは、「うさダンディ」が巨岩
きょがん

ちだして「
てき
」に当てることで得点するゲームだ。制限時間内
せいげんじかんない
に10点以上取るとパーフェクトクリアになるんだけど、これがなかなか
むずか
しい。そこで、ワークショップでは、パーフェクトクリアの達成
たっせい
を目指してゲームプログラムを改造していくんだ。

「ロックシューター」の画面。左側の「うさダンディ」が撃ちだす巨岩を右側上にいる「敵」に当てることで点が取れるよ。右下にいる「犬剣士」は味方なので、当てると減点されてしまう。

 発表会では、改造したゲームを実際に動かして、どこを改造したかを説明してもらった。その動画がYouTubeの「子供の科学チャンネル」で見ることができるゾ。

 10点どころかとんでもない高得点
こうとくてん
をたたき出していたり、登場
とうじょう
するキャラクターたちがおしゃべりをしていたり。元が同じでも、プログラムを少し変えるだけで、違った楽しみ方ができるゲームが出来上
できあ
がるんだね! 

 この動画を見て、ワークショップに興味
きょうみ
を持ったら、ぜひ参加してみてほしい。今後の開催予定は「KoKa Shop!」「スタプロ」でお知らせするよ。チェックしてね!

 また、「Scratchプログラミングオンラインワークショップ」での内容の元になっているのは、書籍『ゲームを改造しながら学ぶ Scratchプログラミングドリル』だ。ワークショップとは
ちが
うゲームを紹介しているので、この書籍でチャレンジしてみるのもいいね。

 ちなみに、この書籍で紹介されているゲーム「森の射撃訓練
しゃげきくんれん
」のプロトタイプを改造した記事「プロトタイプをハッキングして、Scratchのゲームをつくろう!」もスタプロに掲載中だ。こちらも見てみてね。

(文/子供の科学編集部)

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG