座ってもつぶれない「デザインチェア」 -自由研究スペシャル

 その日の気分に合わせて3色の三角形を入れ替えて模様を変える、数学パズルのような椅子。

■テーマ:構造
■所要時間:2日
■難易度:カンタン

用意するもの

●材料
・段ボール
 など

●道具
・鉛筆 
・カッター 
・カッターマット 
・定規 
・コンパス 
・クラフトテープ
・のり
・木工用接着剤
 など

つくり方

①段ボールを図のサイズにカットする。三角柱をすき間なく並べるため、のりしろがない形になっている。
②Aの折り線にカッターで切り込みを入れる。
③Aを折り曲げて三角柱をつくって、クラフトテープでとめる。これを24個つくる。
なるべくきれいな正三角形になるように形を整える。
④Aの一方の端に、木工用接着剤でBを貼る。
これを24個つくる。
⑤Cの正六角形の枠を用意する。
⑥Cの穴の中にで、つくった物をならべて入れたら完成!

強い構造

 安定した構造である三角柱をならべることによって、上下からの力に対して強い構造になる。

全身の体重をかけてもつぶれない。

注意
いすの上に立つときは、転ばないように注意しよう。

(工作・写真・イラスト/久保政喜 ことり社)

「夏休み自由研究スペシャルサイト」に戻る

正三角形と正六角形を描くコツ

 正三角形や正六角形を描くコツや工作の工夫は、コカネットプレミアム会員になると見られます。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 8月号

CTR IMG