毎週金曜日更新●連載《偉人さん、いらっしゃ~い‼》第37回 ヘレン・ケラー

偉人
いじん
さん、いらっしゃ~い‼》へようこそ。毎回、すてきな偉人さんをゲストに楽しいトークをお
とど
けします。目と耳が不自由
ふじゆう
という困難
こんなん
を乗りこえて、世界中の
しょう
がい者のために一生をささげたヘレン・ケラー。実は日本との
かか
わりも深いってこと、知ってたかな? 日本が大好きなヘレン先生から、
あい
勇気
ゆうき
のメッセージが
とど
いたゾ!

ヘレン・ケラー先生、いらっしゃ~い‼

ヘレン・ケラー(1880-1968年)メリカ・アラバマ州の裕福
ゆうふく
な家庭に生まれる。2
さい
で、熱病
ねつびょう
にかかり視力
しりょく
聴力
ちょうりょく
を失う。6歳のとき、アン・サリバンが家庭教師
かていきょうし
としてケラー家にやってくる。20歳で、名門ラドクリフ女子大学に入学。56歳のとき、初来日。3か月にわたり講演
こうえん
を行う。87歳で、ウエストポートの自宅
じたく

くなる。

H-E-L-L-O
ハロー
、お会いできてうれしいです。

 コンニチワ。私は
おさな
いころ病気で耳と目が不自由になり、しゃべることもできなかったの。暗闇
くらやみ
の中で
けもの
のようにふるまい、手づかみでものを食べていた。家庭教師のサリバン先生が私のもとに来てくださるまでは。

★続きはコカネットプレミアム会員になると読むことができます。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2022年 10月号

CTR IMG