毎週金曜日更新●連載《偉人さん、いらっしゃ~い‼》第20回 糸川英夫

偉人
いじん
さん、いらっしゃ~い‼》へようこそ。毎回、すてきな偉人さんをゲストに楽しいトークをお
とど
けします。今回のゲストは「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」糸川英夫
いとかわひでお博士
はくし
。2005年に探査機
たんさき
「はやぶさ」が
おとず
れた小惑星
しょうわくせい
に「イトカワ」って名前がついちゃうくらいスゴい博士なのだ。ペンシルロケットで宇宙開発の
とびら
を開いた科学者から、キミたち未来の科学者へメッセージが届いた!

糸川英夫博士、いらっしゃ~い‼

糸川英夫(1912-1999年)。東京・西麻布
にしあざぶ
に生まれる。23歳で、東京帝国大学
とうきょうていこくだいがく
現在
げんざい
の東京大学)工学部航空
こうくう
学科を卒業。36
さい
のとき、東京帝国大学工学部の教授
きょうじゅ
になる。43歳のとき、ペンシルロケットの発射実験
はっしゃじっけん
を行う。55歳で、東大を退官
たいかん
し、組織
そしき
工学研究所を設立
せつりつ
86歳のとき脳梗塞
のうこうそく
で亡くなる。

─先生も『子供の科学』の読者だったとか?

 そうなんですよ。子供のころから科学にはとても興味
きょうみ
があったし、機械
きかい
工作も
きでしたから。記事を見ながらラジオをつくってみたら、これがいい音がするんですね。(KoKa最新号
さいしんごう
を手に取って)はあ~、最近のはずいぶん内容も変わってますねぇ。
ぼく
創刊号
そうかんごう
から読んでいたけど、結局こうして科学者になったわけだから、『子供の科学』は
ぼく
にとって恩人
おんじん
なんです(笑)

★続きはコカネットプレミアム会員になると読むことができます。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2022年 6月号

CTR IMG