【2013年ノーベル医学・生理学賞】糖尿病や神経疾患の治療に役立つ 細胞内でタンパク質が運ばれるしくみを解明

2013年医学・生理学賞 ジェームズ・ロスマン博士(アメリカ・エール大学)、ランディ・シェクマン博士(アメリカ・カリフォルニア大学バークレー校)、トーマス・スードフ博士(アメリカ・スタンフォード大学) ※所属は受賞当時

 生物は生きていくために、細胞内で酵素やホルモンなど、さまざまなタンパク質をつくっています。それらの物質は小胞と呼ばれる、膜に覆われた小さなパッケージになって、適切な場所に適切なタイミングで運ばれていきます。3人の受賞者は、この物質輸送のしくみを明らかにしました。

★研究解説はコカネットプレミアム会員になると読むことができます。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2022年 12月号

CTR IMG