プロトタイプをハッキングして、Scratchのゲームをつくろう!②

 7月13日に発売
はつばい
した書籍
しょせき
『ゲームを改造
かいぞう
しながら学ぶ Scratchプログラミングドリル』では、ゲームのプロトタイプをハッキングして、完成
かんせい
させることでScratch(スクラッチ)のプログラミングを学んでいくことができる。

 スタプロでは、書籍で紹介
しょうかい
しているゲーム「森の射撃
しゃげき訓練
くんれん
」(初級編
しょきゅうへん
のゲーム1)のハッキングにチャレンジしてもらって、その様子をレポートしているよ。

 前回は、エルフが矢を
てるようになって、矢を撃つ方向を変えられるようになった。でも、矢は自動的
じどうてき

はな
たれているだけで、自分の好きなタイミングで撃つことができない。今回はここから改造していこう。

1 STEP3 自分のタイミングで矢を撃てるようにする

 前回つくった「森の射撃訓練」のプログラムを読み込むよ。Scratchのエディター画面
がめん
で「ファイル」メニューの「コンピューターから読み込む」から、「[初級]森の射撃訓練.sb3」を
えら
んだ。

前回つくった「森の射撃訓練」のプログラムファイルを読み込む

 前回つくった「森の射撃訓練」のプログラムが表示された。ここから今回はプログラミングしていくよ。
 ここまでのプログラムでは、エルフのコスチュームが「撃つ」になったら矢を放つようになっていたらしい。そこで「スペース」キーを押したらエルフが矢を撃つようにするよ。

読み込んだ「森の射撃訓練」のプログラム

 書籍では、改造前と改造後のエルフのコスチュームのちがいや、そのために必要なブロックはどれかなども説明があるから、それにそって改造してみたよ!

前回つくった、エルフのコスチュームのプログラム
改造前のプログラム(エルフは自動的に矢を撃つ)
今回つくったエルフのコスチュームのプログラム
改造後のプログラム。「スペース」キーが押されたら、エルフのコスチュームが変わって、矢を撃つプログラム

 ゲームを
ため
してみたら、自分の撃ちたいタイミングでスペースキーを押せば、エルフが矢を放ったよ。さっきよりも点が取れるようになった!

的に狙いをつけて、自分のタイミングで矢を撃つことができるようになった
自分で的に狙いをつけて、矢を撃つことができるようになった!

2 プログラムを工夫しよう

 これで「森の射撃訓練」が完成した! と思ったけど、まだ
つづ
きがあった。さっきつくったプログラムでは、「次のコスチュームにする」ブロックと「0.5秒待つ」ブロックの組み合わせが3つある。同じ処理
しょり
をくり返しているんだけど、これはプログラムを工夫するともっとかんたんになるんだって。

 説明を読みながら、「~回
り返す」というブロックを使って、さっきのプログラムをつくってみたよ。

 プログラムがすっきりした。こっちの方が見た目もわかりやすいかも。

「~回繰り返す」ブロックを使ってつくり替えたプログラム
「森の射撃訓練」が完成!

 これで「森の射撃訓練」のゲームは完成だ! さっそく遊んでみよう。矢印の動く角度を変えてみたり、次のコスチュームにするときの時間を変えてみた。矢印の動く角度を小さくすると、矢を飛ばす方向を細かく調整
ちょうせい
できるかな。

上向き矢印キーと下向き矢印キーを押したときに回す角度を変えてみた
「5度回す」を「3度回す」に変えると、矢を飛ばす方向が細かく調整できるかな

 ゲームをやってみたら、「GOOD」がもらえたぞ!

 ゲームで遊ぶことができるようになってうれしいけど、本ではこのゲームの「パーフェクトクリア」の条件として「得点を10点以上獲得せよ!」と書かれている。でも、なかなか「パーフェクト」にならない!

 しかし! これは自分でつくったゲーム。開発者はジブンだ。パーフェクトを出したいなら、ゲームのプログラムを好きなように改造すればいいのだ。

 次回はパーフェクトを出すためにさらにプログラムを改造していくぞ!

(文/子供の科学編集部)

ご購入、詳細はこちら

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG