7/13発売!『ゲームを改造しながら学ぶScratchプログラミングドリル』先取りスクープ第2弾!!

 「Scratch(スクラッチ)」でシューティング、アクション、格闘
かくとう

り、レース、ロールプレイングゲーム(RPG)など全10種の本格的なゲームがつくれる書籍『ゲームを改造
かいぞう
しながら学ぶ Scratchプログラミングドリル
』が7月13日に新発売するゾ!

 前回のスクープ第1弾は、この本でつくれる10本のゲーム内容を紹介したけど、今回は発売前スクープ第2弾! ただいま製作中の本書の特設サイトをいち早くのぞいてみよう。

特設サイトでプロトタイプをゲット!

 さっそく特設
とくせつ
サイトにアクセスしよう。
 (2020年7月7日現在、一部準備中の部分があります)

https://scratch.futurecraft.jp/

 お~、めちゃくちゃワクワクするサイトだね!

 特設サイトには、本に収録された10本すべてのゲームのプロトタイプが用意されているよ。プロトタイプというのは、原型、ひな形、試作といった意味。つまり、完成する前のゲームのプログラムということだ。

 プロトタイプのところを見ると、1章からのゲーム画面と説明が並んでいる。さっそく一番はじめの1-1のシューティングゲーム「森の射撃訓練
しゃげきくんれん
」の「つくってみる」をクリックしてみよう。

 そうすると、Scratch(スクラッチ)のサイトが開いて、「森の射撃訓練」のゲーム画面が表示される。画面をクリックすれば、とりあえずゲームで遊んでみることはできるけど、うまく動かないはず。このプログラムはプロトタイプなので、一部が未完成なんだ。

 右上の「中を見る」ボタンをクリックして、このゲームのプログラミング画面に入ったら、ここからは本を見ながらプログラムを完成させていくゾ。

プロトタイプハッキングメソッドとは?

 プログラムが完成して遊べるようになったら終わり……ではない! ここからが本番といってもいいぐらい。

 各ゲームには、「完全クリア」の条件が設定されている。ゲームが超うまい人はクリアできるかもしれないけれど、このままでは完全クリアがむずかしい。キミはゲームをハッキング(改造)して、完全クリアを目指すんだ。

 たとえば、主人公をパワーアップしたり、スピードアップしたり、敵をちょっと弱くしたり、アイテムを増やしたり、制限時間を長くしたり……いろいろな方法がありそうだね。でもうまくハッキングするには、プログラムのしくみを理解する必要がある。ここが超重要!

 実は本職
ほんしょく
のプログラマーも、トライ&エラーを繰り返しながらプログラムを改造して、プログラミングの知識やスキルをレベルアップしていく。とても実践的
じっせんてき
で効率がよく、しかも面白くて夢中になれる!

 これが本書のプログラミング学習法「プロトタイプハッキングメソッド」なんだ。

 どう? この本のすごさがわかったかな?

特設サイトでもっともっと面白くなる!

 話を特設サイトに戻そう。特設サイトでは、プロトタイプをダウンロードできるだけでなく、さまざまな特典や情報がいっぱいだ。

 プロトタイプをダウンロードするボタンの下に、「スペシャルゲーム素材」という項目があるね。ここでは、ゲームのキャラクターや背景画像の別バージョンがダウンロードできる。

 見てもらえればわかるけど、どれも個性的で楽しいものばかり! デザインを変えるだけで、また別のゲームのように楽しめそうだね。

 他にも、みんなが改造したゲームを紹介する投稿
とうこう
コーナーや、まったく新しいゲームプログラムの追加など、今後もお楽しみ企画が登場する予定だ!

 『ゲームを改造しながら学ぶScratchプログラミングドリル』は7月13日に新発売!

ご購入・詳細はコチラ

 さらに! 7月26日(日)には、本書の発売を記念したScratchゲームプログラミングのオンラインワークショップを開催! 現在参加者募集中だよ。

オンラインワークショップの詳細はコチラ

(文/子供の科学編集部)

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG