Scratchのリストを書き出して他のアプリで使う方法《書籍「Scratchで科学実験」》

 本書では、実験を行って、その結果をScratchで観測します。得られたデータは、Scratchのリストに入っています。

 Scratchのリストの数値データをファイルとして書き出すことで、他のアプリでも使うことができます。Ecxelなどのスプレッドシートで読み込めばグラフにすることができるので、自由研究のまとめを行うときなどに便利です。

 その方法を紹介します。

 まず、ファイルに書き出したいリストをステージに表示しておく。

 次に、ステージのリストの上で右ボタンメニューを出して(P156「右ボタンメニューの出し方は?」を参照)「書き出し」を選ぼう。

 書き出したファイルをExcelなどのスプレッドシートアプリで開くと、リストの1項目が1セルになった縦に一列の表として読み込まれる。

 あとは、Excelの機能を使って、数値データをグラフにしたりしてみよう。

書籍「Scratch(スクラッチ)で科学実験」特設サイトに戻る

最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 6月号

CTR IMG