KoKa Shopキットで自由研究 色のふしぎ大実験スペシャル

変わり色水実験

用意するもの
変わり色水実験
  • ムラサキイモパウダー
  • 小さめのコップ…数個
  • かきまぜる道具(スプーン等)
  • 試験管
  • 試験管立て
  • スポイト
  • 調べたい溶液(レモン汁、酢、窓ガラス用液体洗剤など)
  • クエン酸
  • 重曹

※写真はキットの商品画像です

STEP1 カラフル色水をつくろう!
カラフル色水をつくろう!
1

まずムラサキイモパウダーの色素液をつくる。ムラサキイモパウダー大さじ0.5杯に150~200ccの水を加えてよくかき混ぜ、しばらく置いておく。

カラフル色水をつくろう!
2

重曹の水溶液とクエン酸の水溶液をつくろう。水を入れたコップやプラコップ2つにそれぞれ重曹小さじ1杯、クエン酸小さじ半分を入れ、かきまぜて水溶液にする。

カラフル色水をつくろう!
3

スポイトでそれぞれの水溶液を試験管に入れよう。試験管に3分の1ほど入れておく。

重曹やクエン酸溶液のほかにも、石鹸水やレモン水など、身近にあるもので調べたい溶液をつくって、同じように試験管に入れよう。

カラフル色水をつくろう!
4

2でつくった色素液の上澄みを小ビンに移し替えておく。

カラフル色水をつくろう!
5

調べたい溶液と同じ量の色素液を、小ビンからスポイトで試験管に入れる。注ぐときは目の高さに上げてやると失敗が少ない。重曹の水溶液が青くなった。

カラフル色水をつくろう!
6

左からクエン酸水溶液、水、重曹の水溶液。

STEP2 クエン酸&重曹水を混ぜると!?
クエン酸&重曹水を混ぜると!?
7

空いている試験管に、赤い水(クエン酸水溶液)と青い水(重曹)をスポイトでとり、同じ量だけ混ぜてみよう。

動画もチェック
8

紫色(中性)に変化したね。動画もチェックしよう。

解説

食物に含まれる色素には、酸性・アルカリ性によって変化するものがたくさんある。今回の実験はその1つ、ムラサキイモやムラサキキャベツに多く含まれる「アントシアニン」を利用した実験だ。アントシアニンは中性のときは紫色だけど、酸性に出会うと赤紫→赤→ピンクに、アルカリ性では青紫→青→黄緑色に変化する。酸性アルカリ性の強さの度合いによって、さまざまな色が現れるのだ(図)。

では、Step2のように、酸性とアルカリ性が出会うと何が起きるのだろう。色素液を入れた重曹と、クエン酸を溶かした溶液を混ぜ合わせると、泡が出て色が変化する。混ぜ合わせ方が適切だと、ほぼ中性の紫色に近づくはずだ。酸性とアルカリ性が合わさって中性になった。この現象を中和という。

解説

ログインってなあに?
ログインとは、キミだけの専用のページ(マイページ)に行くこと。メンバー登録をしたときに入力したメールアドレスとパスワードをログイン画面で入力すると、マイページにアクセスできるぞ。マイページではいちいち名前や住所を書かなくても、コンピューターがキミだとわかってくれるので、とってもべんり。またメンバーにしか見ることができない情報もゲットできるのだ。
パスワードについて
コカメンバー登録のとき、ひとりにひとつだけパスワードを設定するんだ。パスワードは半角英数字6文字以上の好きな組み合わせを、自分で決めてもらう。キミ専用のページにログインをするには、メールアドレスとパスワードを入力する必要があるよ。このパスワードをわすれるとログインできなくなってしまうから、必ず覚えておくようにしよう。
  • 定期購読者プレミアム会員ログイン
  • 子供の科学電子版KoKaがiPad、iPhoneでも読めるようになったよ!
  • 子供の科学サイエンスブックス 身近なものでふしぎな科学実験 実験MOVIE集
  • 小中学生のスマホ免許
  • 進め! KoKa実験部 実験部員応募フォーム
  • 保護者の方、企業の方からのお問い合わせはこちら