ツバメと天気は関係あるの?ツバメが低く飛ぶと雨、というのは本当ですか?

湿度が高いと餌となる虫が高く飛べなくなるため、ツバメも低く飛びます。  

天気予報には数値予報を使用した現在の科学的なものの他に、昔の人は観天望気といって、空の状況を観察して、天気の予測をします。 雲の形や流れ、風の吹き方や太陽や月の見え方などから経験的に予想するという方法です。また、動物や植物の行動や観察から短期間の天気や季節の予報を行うという方法、天気のことわざといったり、天気俚諺(てんきりげん)というのもあります。  

この中で「ツバメが低く飛ぶと雨」というのがあります。これはツバメがとまっているエサを、とまっているときに食べる鳥ではなく、飛びながらエサを捕まえて食べるという種類の鳥(雛のときは別)ということからいわれるようになりました。ツバメのエサとなる小さい羽のある虫は、低気圧が近づいて空気中の湿度が高くなると、湿気、水分が羽について体全体が重くなり、高く飛ぶことがむずかしくなります。つまり、湿度が高いときはツバメのエサとなる虫が低いところを飛ぶために、それを追うツバメも低く飛ぶようになるのです。  

したがって、ツバメがさかんに低く飛んでいる姿を見たときは、空気中の湿度が上昇してきて、低気圧が近づいて、天気は下り坂と考えられ、よって、雨が降り出してくるか、雨が近いということになるのです。  

しかし、ツバメが低く飛んでいるのを見かけたりしたら必ず100%雨になるというわけではありません。また、ツバメは渡り鳥(夏鳥)で1年中日本で見かける鳥ではないので、1年中この天気予報の方法は使えません。ツバメがさかんに低く飛んでいる場面を見たときは、その後の天気がどうなったか、自分のその後の体験や新聞の天気図、インターネットの天気欄を参考に実際の天気を調べれば、夏休みの自由研究にもなるでしょう。

戸山 九 (気象予報士)

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG