矢印キーをコントローラーにしよう1

自分で好きなキーを設定して、それが押されたときにプログラムが動くようにできるぞ。ここでは上下左右の矢印キーで、ネコを自由に動かせるようにしてみよう。

矢印キーをコントローラーにしよう2

まずは、今回のメインであるスペースキーが押されたときキーが押されたとき]ブロックをスクリプトエリアに置こう。「スペース」と書かれた横にある▼をクリックすると、好きなキーが設定できるので「上向き矢印」を選ぼう。

矢印キーをコントローラーにしよう3

次に「動き」ブロックのy 座標を10ずつ変えるy 座標を10ずつ変える]をつなげよう。

同じように、下向き、右向き、左向きのイベントブロックを用意して、動きブロックをつなげよう。右向き、左向きは[x座標を…]を使うので注意だ。また、左向きと下向きのブロックでは、数字を「10」から「-10」に変えよう。