「もし○○ならブロック」を使って簡単なクイズゲームをつくる1

同じスプライトをいくつも出したいとき、何個も新しいスプライトを用意するのは大変。そんなときに便利なのがクローンだ。同じスプライトが連続して出せるようになるぞ。ここでは、魔法使いに雷の攻撃をさせてみよう!

「もし○○ならブロック」を使って簡単なクイズゲームをつくる2

新しいスプライトを追加しよう。まずはスプライトエリアのマークをクリックだったね。WizardとLightningを選択して、スプライトエリアに出してみよう。

「もし○○ならブロック」を使って簡単なクイズゲームをつくる3

まずは魔法使いの設定をしよう。制御ブロックから[○○のクローンを作る]を選び、「Lightning」に変更。イベントブロックの[スペースキーが押されたとき]とくっつけよう!

「もし○○ならブロック」を使って簡単なクイズゲームをつくる4

次は雷の設定だ。雷をクリックして、雷用のスクリプトエリアを開こう。ここに、雷がクローンされたときに、上から落ちてくるようにブロックを並べるよ。

「もし○○ならブロック」を使って簡単なクイズゲームをつくる5

選択するスプライトに注意しよう!

複数のスプライトを使うときは、ブロックを並べる場所に注意!例えば、今回の[クローンされたとき]ブロックを魔法使いのスクリプトエリアに置いてしまうと、雷のクローンはつくられない。ブロックを並べるときは、間違えないようにスクリプトエリアの右上を忘れずにチェック!選択されているスプライトが見えるよ。