「こども発明 1万円特許出願サポートプログラム」がスタート!

発明投稿コーナー「ぼくの発明 きみの工夫」から大ニュース! 新しく、特許出願をサポートするプログラムを開始するよ。投稿した発明アイデアが審査会を通過して掲載決定となった場合、希望すれば、このプログラムを利用できるゾ。通常はハードルが高い特許出願に挑戦しやすくなるので、活用してみてね!

「こども発明 1万円特許出願サポートプログラム」とは?

 「こども発明 1万円特許出願サポートプログラム」は、一般社団法人「発明学会」と「メタライツ特許商標事務所」のコラボレーションでスタートした新しいプログラムです。「ぼくの発明 きみの工夫」の応募者もサポートの対象となることが決まりました!

 このプログラムは、18歳以下の発明学会会員、「身近なヒント発明展 こども発明部門」一次審査合格者(一般部門に応募し、一次審査に合格した18歳以下の方も対象)、そして「ぼくの発明 きみの工夫」に応募して掲載が決まったコカネット会員だけが利用できます。

 発明アイデアは、テレビや新聞、インターネット上などで不特定多数に対して公開されると、特許権を得るために必要な「新しさ(新規性)」という条件が失われてしまいます。そうすると、一般的には特許権がとれなくなってしまいます。

 特に気にせず、そのまま公開してももちろん問題ありません。その方が一般的です。ただ、せっかくのアイデアを成果として残したいといったような場合は、特許出願が必要になります。特許事務所に依頼する方法が普通ですが、経済的負担がネックになります。そこで、できるだけ権利対策の経済的な負担を軽くして出願できるようにし、みなさんの助けになるように、このプログラムがスタートしました。

特許出願の流れと費用について

 一般的な特許出願の流れや、「こども発明 1万円特許出願サポートプログラム」の内容については、まず「発明学会」ホームページの下記の内容をしっかりチェックしましょう。

●「こども発明 1万円特許出願サポートプログラム」
https://www.hatsumei.or.jp/support/kodomopat/

 オプションによっては1万円を超える場合もありますので、ご注意ください。

プログラムを利用する場合

 「ぼくの発明 きみの工夫」に応募した発明作品が審査の結果、掲載決定となった場合、「コカネット」にご登録いただいているメールアドレス宛にご連絡をいたします。ご連絡から1週間以内にプログラムの利用の有無を決めていただき、希望する場合は利用申し込みを進めていただきます。

 自分の発明アイデアで特許をとることのハードルが下がる画期的なプログラムですので、希望者の方はぜひご活用ください。みんなの投稿、お待ちしています!

 みなさんの発明アイデア投稿をお待ちしています!

「ぼくの発明 きみの工夫」公式サイトに戻る

最新号好評発売中!

子供の科学 2023年 2月号

CTR IMG