今日のはてな今日のはてな

しつもん
手回しすると電気が発生する機械の中身はどうなってるの?
こたえ
回転運動を電気に変えている

手回しで電気を起こす装置の内部には発電機が入っていて、回転軸の回転を電気のエネルギーに変換しています。発電機は、回転軸に永久磁石、その外側にコイルがついています。コイルというのは電線を円筒状に巻いたものことです。 磁石の周囲には磁場というものができていて、目に見えない磁力線が走っています。この磁力線がコイルを横切ると、コイルに電流が流れます。この現象を電磁誘導といいます。  

電磁誘導は、1831年(日本でいえば江戸時代末期)にイギリスの科学者マイケル・ファラデーが発見しました。ファラデーは、電磁誘導を利用した発電機やモーターを試作しました。  

実は、モーターも発電機も同じ原理で動いているのです。モーターは、コイルに電流を流して磁場を発生させて磁石の同じ極(NとN、SとS)が反発しあうことを利用して回転軸を回しています。逆に、回転軸を回してやるとコイルに電流が流れ、電気を起こす発電機になります。

 



目に見えない磁力線がコイルの中を通過するとコイルに電流が流れるんだ。


白鳥 敬(サイエンスライター)
ログインってなあに?
ログインとは、キミだけの専用のページ(マイページ)に行くこと。メンバー登録をしたときに入力したメールアドレスとパスワードをログイン画面で入力すると、マイページにアクセスできるぞ。マイページではいちいち名前や住所を書かなくても、コンピューターがキミだとわかってくれるので、とってもべんり。またメンバーにしか見ることができない情報もゲットできるのだ。
パスワードについて
コカメンバー登録のとき、ひとりにひとつだけパスワードを設定するんだ。パスワードは半角英数字6文字以上の好きな組み合わせを、自分で決めてもらう。キミ専用のページにログインをするには、メールアドレスとパスワードを入力する必要があるよ。このパスワードをわすれるとログインできなくなってしまうから、必ず覚えておくようにしよう。
  • 定期購読者プレミアム会員ログイン
  • 子供の科学 デジタル版配信中!子供の科学が電子雑誌で読める!デジタル版ならではの機能も使える タブレットやスマホでKoKaを持ち歩こう
  • 子供の科学サイエンスブックス 身近なものでふしぎな科学実験 実験MOVIE集
  • 小中学生のスマホ免許
  • 保護者の方、企業の方からのお問い合わせはこちら