今日のはてな今日のはてな

しつもん
メガネの歴史を教えてください。
こたえ
最初のメガネはレンズが1つだけでした

現在のメガネはレンズが左右2つあるものですが、視力を助ける道具として、最初に人々が使うようになったのは、レンズが1つだけのものでした。13世紀にドイツの修道士が、「石英」というガラス光沢のある鉱物を削ったものを用いると、物体が拡大して見えることを発見しました。それを本の上に直接置いて使っていたといわれています。
その後、ヨーロッパでレンズやメガネの研究が盛んになりました。13世紀後半になると、「両眼手持ち式メガネ」が開発されたようです。このメガネは、左右2つのレンズとそれを支えるフレームがあり、手で持って、目の前に当てて使うものでした。さらに、17世紀になるとひもで耳にかける形のメガネが誕生し、これが、手で持たずに使える最初のメガネとなりました。
日本にメガネが伝わったのは、16世紀半ばのようで、ヨーロッパの宣教師が持ち込んだといわれています。
(株式会社東京メガネ)



14世紀に使われていた木製のメガネ(Ⓐ)と象牙製のメガネ(Ⓑ)。
いずれも複製。




17~18世紀に使われていた、ひもと鼻当てがついたメガネ。

 
ログインってなあに?
ログインとは、キミだけの専用のページ(マイページ)に行くこと。メンバー登録をしたときに入力したメールアドレスとパスワードをログイン画面で入力すると、マイページにアクセスできるぞ。マイページではいちいち名前や住所を書かなくても、コンピューターがキミだとわかってくれるので、とってもべんり。またメンバーにしか見ることができない情報もゲットできるのだ。
パスワードについて
コカメンバー登録のとき、ひとりにひとつだけパスワードを設定するんだ。パスワードは半角英数字6文字以上の好きな組み合わせを、自分で決めてもらう。キミ専用のページにログインをするには、メールアドレスとパスワードを入力する必要があるよ。このパスワードをわすれるとログインできなくなってしまうから、必ず覚えておくようにしよう。
  • 定期購読者プレミアム会員ログイン
  • 子供の科学 デジタル版配信中!子供の科学が電子雑誌で読める!デジタル版ならではの機能も使える タブレットやスマホでKoKaを持ち歩こう
  • 子供の科学サイエンスブックス 身近なものでふしぎな科学実験 実験MOVIE集
  • 小中学生のスマホ免許
  • 保護者の方、企業の方からのお問い合わせはこちら