夏休み自由研究スペシャル 子供の科学がキミにぴったりの自由研究をおしえるよ!

実験したい!

みかんの皮でスタンプづくり 山村紳一郎

最近は少なくなったけれど、電気製品などのクッションとして使われている発泡スチロール。実は、みかんの皮の汁を使って発泡スチロールを溶かすことできるんだ。この性質を利用して、スタンプをつくってみよう。

ジャーン

やってみよう

用意するもの

・ 発泡スチロールのブロック ・夏みかんやオレンジなどの柑橘類(皮のみ使用)
 ・シール紙 ・スタンプ台 ・太めのサインペン、カッターなど
  • 1

    シール紙に発泡スチロールをあてがって、スタンプ面にする大きさで枠を書いた後、枠の中に模様を描く。あとで発泡スチロールが溶けるときに線が細くなるので、できるだけ太めに描く。また、細かい模様は難しいので、できるだけシンプルなデザインにしよう。

  • 1

    模様を描いたシール紙を、枠に沿ってはさみで切り取る。シール紙の裏紙をはがして、発泡スチロールの表面にぴったりと貼りつける。

  • 1

    シール紙の上から、描いた線の外側にカッターで切り込みを入れる。刃先が2~3mmほど入るようにして、シール紙と発泡スチロールを一緒に切るんだ。その後、模様の背景になる部分のシール紙を、ていねいにはがす。

  • 切れ込みがきちんと入っていないと、線の部分もはがれてしまうので注意しよう。
  • 1

    用意しておいたミカンの皮を折り曲げて押しつぶしながら、スタンプ面の発泡スチロールに汁を塗りつける。塗りつけたところの発泡スチロールが、次第にへこんでいくのがわかるはずだ。

  • 1

    発泡スチロール表面に残っている汁を水でよく洗い流してから、模様の部分のシール紙をはがせばスタンプの完成だ。

  • スタンプ台を使ってインクをつけ、紙などにスタンプ!インクの色を変えたり、違った模様をつくったりしても楽しい。
    オリジナルスタンプ完成!!

なぜ発泡スチロールが溶けるの?

■秘密は「リモネン」

柑橘類の皮の汁に含まれるリモネンは、炭素と水素でできている化学物質で、ちょっと油に似た性質を持っている。一方、発泡スチロールをつくっているのはポリスチレンという物質で、その分子は細長くつながったヒモのような形をしている。発泡スチロールにリモネンが触れると、リモネンの分子が発泡スチロール分子の長いつながりを細かく切って分解するので、発泡スチロールが溶けた状態になるんだ。安全に発泡スチロールを溶かし、体積を小さくできるから、ゴミ処理やリサイクルに便利。リモネンを使った処理を行う専門業者もあるんだ。

子供の科学8月号では 別冊付録 身近な生き物研究ガイドブック、バナナで紫外線の正体をあばく実験などおもしろい自由研究ネタが満載!

前のページへ戻る

ログインってなあに?
ログインとは、キミだけの専用のページ(マイページ)に行くこと。メンバー登録をしたときに入力したメールアドレスとパスワードをログイン画面で入力すると、マイページにアクセスできるぞ。マイページではいちいち名前や住所を書かなくても、コンピューターがキミだとわかってくれるので、とってもべんり。またメンバーにしか見ることができない情報もゲットできるのだ。
パスワードについて
コカメンバー登録のとき、ひとりにひとつだけパスワードを設定するんだ。パスワードは半角英数字6文字以上の好きな組み合わせを、自分で決めてもらう。キミ専用のページにログインをするには、メールアドレスとパスワードを入力する必要があるよ。このパスワードをわすれるとログインできなくなってしまうから、必ず覚えておくようにしよう。
  • 定期購読者プレミアム会員ログイン
  • 子供の科学電子版KoKaがiPad、iPhoneでも読めるようになったよ!
  • 子供の科学サイエンスブックス 身近なものでふしぎな科学実験 実験MOVIE集
  • 小中学生のスマホ免許
  • 進め! KoKa実験部 実験部員応募フォーム
  • 保護者の方、企業の方からのお問い合わせはこちら