夏休み自由研究スペシャル 子供の科学がキミにぴったりの自由研究をおしえるよ!

実験したい!

サイエンスマジック 山村紳一郎

オドロキ!の教訓マグカップ

さーて、お立ち会い。一見、普通のこのマグカップ。実は、人間の欲望をいましめるという、偉大なるカップなのであります。その証拠に、ほれ、水を注ぎます。で、もっと!もっと!と欲張っていると…見る間に中身がこぼれだし、すべて流れ出てしまうのでありました。


ジャーン

やってみよう

用意するもの

・プラスチックのマグカップ ・曲がるストロー ・キリ(またはドリル) ・はさみ ・セロハンテープ ・接着剤
  • 1

    カップの底のヘリの近くに、キリで穴をあける。細いヤスリなどを使って、ストローがギリギリで通るぐらいの大きさに穴を広げる。

  • 1

    ドリルが使える人は、その方が工作が楽だ。ただし、少し細めの刃を使うこと。穴が大きすぎると、水漏れしやすくなるからだ。

  • 1

    一方、曲がるストローをつぶれないように折りまげ、元にもどらないようにセロハンテープなどでとめたものをつくる。

  • 1

    カップの底に穴にストローの先を通し、接着剤かテープを使ってとめる。カップの持ち手のところに寄せておくと見えにくい。

  • 1

    外に突きだしているストローの余った部分を切り取る。なお、穴の部分が水漏れしやすいので、接着剤でかためておくと良い。

  • 中はこうなっていた!!

    中にサイホンのしくみが入れてあった
    入れた水がストローの曲がった部分までくると、ストローがサイホンになって流れ出すしくみだ。

なぜ中身がこぼれ出したのか?

■中にサイホンのしくみが入れてあった

このマジックのストローのように、曲がった管の中に空気がはいっていないと、水は低い方へ続けて流れる。これがサイホンのしくみで、水面が入り口の高さに下がるまで流れ続ける。

安全上の注意

安全のためにいくつか注意することがあります。以下にあげておきますので、しっかり守ってください。  

実験は子供だけでやってはいけません。必ず、大人に見てもらったり、手伝ってもらうこと。
準備などで刃物やとがった道具を使うときは、けがに充分注意すること。無理だと思ったら大人に手伝ってもらうこと。
お湯や火を使う場合は、やけどに充分注意すること。特に火を使う場合には、まわりに燃える物がない場所で、火事に注意して行い、消火用の水などを必ず用意すること。
できた物は、たとえおいしそうに見えても食べ物・飲み物ではないので、絶対に口に入れないこと。
ゴミの始末や後片付けをきちんとすること。

子供の科学8月号では 別冊付録 身近な生き物研究ガイドブック、バナナで紫外線の正体をあばく実験などおもしろい自由研究ネタが満載!

前のページへ戻る

ログインってなあに?
ログインとは、キミだけの専用のページ(マイページ)に行くこと。メンバー登録をしたときに入力したメールアドレスとパスワードをログイン画面で入力すると、マイページにアクセスできるぞ。マイページではいちいち名前や住所を書かなくても、コンピューターがキミだとわかってくれるので、とってもべんり。またメンバーにしか見ることができない情報もゲットできるのだ。
パスワードについて
コカメンバー登録のとき、ひとりにひとつだけパスワードを設定するんだ。パスワードは半角英数字6文字以上の好きな組み合わせを、自分で決めてもらう。キミ専用のページにログインをするには、メールアドレスとパスワードを入力する必要があるよ。このパスワードをわすれるとログインできなくなってしまうから、必ず覚えておくようにしよう。
  • 定期購読者プレミアム会員ログイン
  • 子供の科学電子版KoKaがiPad、iPhoneでも読めるようになったよ!
  • 子供の科学サイエンスブックス 身近なものでふしぎな科学実験 実験MOVIE集
  • 小中学生のスマホ免許
  • 進め! KoKa実験部 実験部員応募フォーム
  • 保護者の方、企業の方からのお問い合わせはこちら