KoKaプログラミング入門 Scratchでオリジナルゲームをつくろう!

本格ゲームをつくろう vol.5
ブロックをつくる(基本編)
例えばみんながゲームをつくるとき、キャラクターに「ジャンプ」をさせたいとしよう。Scratchで実際にプログラミングをすると、「y座標を10ずつ変える」、「10回繰り返す」、「y座標を-10ずつ変える」など、たくさんのブロックを使うことになる。そんなときに役立つのが、オリジナルブロック!たくさんのブロックの機能を、1つにまとめることができるんだ。スクリプトがすっきり、見やすくなるよ。
実践1 ジャンプブロックをつくろう 実践2 重力ブロックをつくろう

ブロックをつくる(引数編)
オリジナルブロックを使うことで、複数のブロックの働きを1つのブロックにまとめられることはわかったね。では次に、オリジナルブロックに引数をつけてみよう。引数があると、同じオリジナルブロックでも、状況によって動きを変えることができるんだ。

引数って何?
引数とは、オリジナルブロックに渡す数値や文字のこと。
例えば、足し算ざんの計算をしてくれるオリジナルブロックをつくったとしよう。このブロックは、好きな数値に5を足した答えを出してくれる。でも何に5を足せばいいのかわからないよね。そんなときに、引数を使うんだ。

引数って何?ブロックをつくるときに[オプション]を開いて、[数値の引数を追加]をクリックする。
すると、このブロックだけで使える特別な変数「number1」が出てくる。これが引数だ。


引数って何?
定義ブロックの中では、つくった引数をどのように使うかを決めよう。ここでは、引数「number1」に5を足しているよ。

引数って何?定義した「計算する」ブロックには、このように引数を入れる部分がある。

引数って何?
ここに、自分の好きな数字を入れよう!例えば、ネコに質問させて、その答えを引数として入れてみよう。

引数って何?これで、入力した数字をそのまま「計算する」ブロックの中で使うことができるぞ!引数は、ゲームを遊ぶ人がどんな値を入れても、それを使って処理をしてくれるんだ。

実践3 2倍ドラゴンをつくってみよう 実践4 文字の引数を使ってみよう 実践5 バトルゲームをつくろう!

Game スロットゲームをつくろう おまけ 表示・非表示

スロットゲームが完成! クリックしてスロットを止める。絵柄が揃ったらネコが「やったね!」としゃべるよ。

ログインってなあに?
ログインとは、キミだけの専用のページ(マイページ)に行くこと。メンバー登録をしたときに入力したメールアドレスとパスワードをログイン画面で入力すると、マイページにアクセスできるぞ。マイページではいちいち名前や住所を書かなくても、コンピューターがキミだとわかってくれるので、とってもべんり。またメンバーにしか見ることができない情報もゲットできるのだ。
パスワードについて
コカメンバー登録のとき、ひとりにひとつだけパスワードを設定するんだ。パスワードは半角英数字6文字以上の好きな組み合わせを、自分で決めてもらう。キミ専用のページにログインをするには、メールアドレスとパスワードを入力する必要があるよ。このパスワードをわすれるとログインできなくなってしまうから、必ず覚えておくようにしよう。
  • 定期購読者プレミアム会員ログイン
  • 子供の科学電子版KoKaがiPad、iPhoneでも読めるようになったよ!
  • 子供の科学サイエンスブックス 身近なものでふしぎな科学実験 実験MOVIE集
  • 小中学生のスマホ免許
  • 進め! KoKa実験部 実験部員応募フォーム
  • 保護者の方、企業の方からのお問い合わせはこちら